運転手付きレンタルトラックのメリットとデメリット

運転手付のレンタカートラックは上手に利用すれば単身引越しがより安く便利になります。

料金やサービスの範囲、利用上の注意点やメリットなど、最近増えている運転手が付いたレンタカートラックについてまとめました。

レンタカートラック運転手付とはトラックのレンタカーに運転手が付いてきて、運転してくれるだけでなく、荷物の積み下ろし等も手伝ってくれるサービスです。

料金は時間制を採用している会社が多く、単身引越しや大型家電家具等の移動に安く使えるシステムとして注目が集まっています。

申込は電話やインターネットでできます。希望開始日時〜終了時間、トラックの種類、運搬物等を伝えて予約をとります。予約が受付られれば当日、運転手がトラックと共に到着し、手伝いをしながら希望地迄運転、荷物を降ろし、終了となります。

レンタルトラック運転手付きの気になる料金はトラックのサイズで違ってきますが、一般的に平日は1時間6000円前後、土日祝日は7500円前後の会社が多いです。引越しシーズン、早朝、夜間等に料金が加算される会社と、全く関係なく年中一律の会社があります。

更に途中の渋滞時間は料金に入れないといった良心的な計算をしてくれるところもあり、会社によって異なる為、利用前に条件をよく確認する必要がありそうです。

自分では運転できないサイズのトラックを運転してくれ、荷物の積み下ろしをサポートしてくれる、つまりレンタカーでの自力引越しと、引越し業者の引越しのちょうど中間に位置するサービスと言えるでしょう。

時間制で気軽に利用できますが、そのメリットとデメリットはどのような点にあるのでしょうか。

<レンタルトラック運転手付きのメリット>

  1. 荷物が少ない近距離引越しなら格安

    1時間6000円前後の料金設定が多い為、荷物が少なく、移動先が近い場合、
    1時以内に終わるような引越しなら大変お得といえます。

  2. 立ち寄り往復も可能

    時間内であれば、別の場所への立ち寄りや往復もしてもらえます。

    これは引越し業者には無いメリット。やはり近場の引越しに便利ですね。

  3. 明朗会計

    時間制料金となっている為、会計が判りやすいのもメリット。

    いかに時間を節約できるかという工夫次第で、引越し費用の縮小も可能です。

<レンタルトラック運転手付きのデメリット>

  1. 利用時間によって超過料金が発生

    時間制ですので、指定時間を過ぎると超過料金が発生します。

    荷物の積み下ろし等の見通しが甘いとかなりオーバーする可能性も。

    また、引越し最後の点検に大家や不動産屋との待ち合わせがある場合、待たせる時間も料金が発生します。ムダな時間が出来 ないようにスケジュールを考え、作業には余裕を持って算出しましょう。

  2. 時期や時間帯によって別料金が発生

    繁忙期、早朝、深夜等特別なタイミングは特別料金が加算される会社も多くあります。

    引越し時期や、時間帯も慎重に検討しましょう。

  3. 高速道路・駐車料金は別

    高速道路を利用したり、発着地付近に駐車スペースが無く、有料パーキングを利用した際には実費が請求されます。

  4. 駐車スペースの確保は必須

    到着地近辺に有料パーキングすら無いと運転手が車から離れられず、手伝ってもらえない等の不都合が発生する可能性も。 到着地点周辺の道路環境は事前に確認が必要です。これは引越し業者ではありえない話ですね。

この運転手付きレンタルトラックサービスを利用するなら、いかに時間を短縮できるかの段取りが重要となります。荷物の積み込み、搬入等に時間をとられないように、自分でできることはやっておく等の工夫も必要です。

予想以上に時間がかかれば、赤帽や引越し業者の単身パック、通常引越しと変わらないか、それ以上の料金になる可能性もあります。荷物量と移動距離、発着地の駐車スペース等を考えて上手に利用したいものですね。

単身引越しを安くする5か条

見積もりは最大50%の差がつく!!  ここで比較すれば間違いなし!!

引越し一括見積もりで一番安い業者をチェックする!

▲160社以上の中から希望の業者に無料で見積もり依頼ができます!▲