引越し料金を安くするには、荷物を減らすことが最優先!

引越し料金を最も左右するのは荷物量と距離。

距離はどうすることもできませんが、荷物の量は自分の努力でかなり減らすことが可能。判っていることですが、引越し料金を安くするには荷物を減らすことが最優先です。

特に単身引越しの場合、仕事や授業の合間に1人で荷作り、荷解きしなければなりません。 中でも荷解きはメンドウで手間がかかります。時間が無い中、荷物は極力減らした方が新生活のスタートもラクになります。

とはいえ、何をどう減らせばよいのか、どこから手をつければよいのか、迷うこともあるでしょう。

引っ越しは荷物を捨てるチャンス

発言小町、yahoo知恵袋等で引越し荷物について、迷ったらどうすればよいかとか、どの程度減らせばよいのかと質問している人がいるのですが、「とにかく処分する絶好のチャンス」「迷ったら捨てましょう」という声が圧倒的です。

引越し業者の声としては「居住年数に比例して荷物が多い」のが一般的だそうで、長く同じ家に住んでいればそれだけ荷物がどんどん増えているのです。

転勤族の経験談では、 転勤が多い人ほど、驚く程すっきり荷物が少なく、それが生活の知恵であり、物を減らすことは生活をシンプルに、ラクにすることにつながるので、という理由で断捨離をすすめています。

やはり引っ越しは物を減らす、捨てるチャンスだとういことがわかります。

引越し業者の中にはボックス単位での引っ越しを単身パックとして安価で取り扱っていいます。この場合、そのボックスに荷物が入りきらないと、追加料金がかさむのが難点。

とはいえ通常の引っ越しより安価なケースが多いので、引越し業者の専用ボックスに入るだけに絞る、と荷物量の目標を決めるのも一つのやり方です。中には「何が何でも今持っている荷物の半分にして料金を安く上げた」という人もいました。

また、ゴミの捨て方は自治体によってかなり異なりますし、粗大ゴミ、危険ゴミ、不燃ごみなど「自治体が無料で回収する」「有料で回収する」「無料有料問わず回収していない」等の違いが様々です。

今住んでいる地域では自治体が収集してくれるけれど、新居ではしてくれない、といったものは引っ越し前に捨てた方がメリットが大きいでしょう

お得に荷物を処分するためには、早めの引越し準備が大切

そして、こうした不用品を計画的に処分するには、引っ越しの準備をなるべく早くからスタートさせることが大切。

荷物を日常よく使うもの・時々は使うもの・あまり使わないもの等に分類し、あまりつかわないものから優先的に処分しましょう。 また、季節ものや行事に使うものは、いつ使ったか記憶をたどり、使用していない期間が長いものは捨ててしまっても構わないのではないでしょうか。

さらに、家電リサイクル法などにより、自治体が回収してくれないものもは、リサイクルショップやオークションを利用することも可能です。衣類や雑貨類もリサイクルショップやフリーマーケットが使えますね。最近では、自宅にいながら不用品を処分・買取もしてくれる出張買取サービスもあります。

このようなサービスを利用し、お得に荷物を処分するためにも早めの引っ越し準備が大切なんです。

単身引越はそもそも荷物が少ない為、料金が安いケースが多いのですが、それでも少なければ少ないほど安くなるもの。自分の身の丈にあった荷物量を把握しスッキリ暮らす、よい機会だと捉えて思い切って荷物を減らしたいものです。

単身引越しを安くする5か条

見積もりは最大50%の差がつく!!  ここで比較すれば間違いなし!!

引越し一括見積もりで一番安い業者をチェックする!

▲160社以上の中から希望の業者に無料で見積もり依頼ができます!▲